広告ディレクターってどんな仕事?仕事内容をご紹介(実体験)

会議 仕事ノウハウ
スポンサーリンク

広告業界の職種はカタカナが多く、なかなかどんな業務内容をしているかわかりづらいと思います。広告業界で働きたい人や興味のある人に向けて、広告ディレクターの仕事内容をご紹介します。

スポンサーリンク

広告ディレクターの仕事内容は?

全体統括責任者をさすことが多いです。会社によって呼び名が変わり、クリエイティブディレクターやプランナー、プロジェクトリーダー、プロデューサーなどと呼ばれることもあります。

業務内容は予算管理、企画、営業、進行管理、質の保証などです。

つまり、企画を考え、クライアントへ営業をかけて見積もりを出し、受注したらスケジュール通りに侵攻できるようにDTP(紙の)デザイナーやWebデザイナーとやり取りし、外注会社や印刷会社とやり取りし、納品までをすべて監督する仕事になります。

大企業の場合は職種が細分化されていることが多く、中小企業やベンチャーの場合は兼務することが多いです。

一日外出してクライアントを回ることもあれば、一日中デスクにかじりついて成果物のチェック作業をすることもあります。

広告の仕事はチームで進めます。

案件ごとにそれぞれの専門家が集まり、チームで制作を進めます。予算が大きく規模の大きいものであれば、十人以上のチームになることもあれば、最小単位であれば1人で完結するものもあります。

広告業界にはこんな職種もあります
  • プランナー:広告企画を考えます
  • マーケッター:広告企画に必要なデータを集め、分析します
  • コピーライター:広告に必要な文章全般を書きます
  • DTPデザイナー:主に紙製品のデザインをします
  • Webデザイナー:主にWebサイトのデザインをします
  • CGデザイナー:CGのデザインをします
  • コーダー:Webデザイナーのつくったデザインに合わせてWebサイトをつくります
  • プログラマ:プログラミングが必要なWebサイト場合、プログラムを書きます
  • フォトグラファー:写真を撮ります
  • エディター:写真や動画の編集をします

広告ディレクターに必要なスキルは?

広告ディレクターは何人もの個性あるチームメンバーをまとめて制作物を期日までに納品しなくてはなりません。

デザイナーやクリエイターと納得いくまで議論し、こだわりをうまくクライアントへ伝え、説得したり、時には妥協点を模索するなど、高いコミュニケーション能力とマネジメント能力が必要になります。

また、制作の方向性、文章や画像のチェック、リスク回避など全体統括としての注意深さがあればなおよいです。

もちろん納期を守ることができるよう、計画的な進行能力も求められます。

また、受注できる範囲の見積もりを提出したり、売り上げを達成したり、予算から溢れないかチェックしたりと、金銭的なバランス感覚も必要になります。

広告ディレクターの年収は?

年代や会社によってばらつきはありますが、大卒でおよそ400万円~600万円であることが多いようです。大手広告代理店では1000万円を超える人もいるそうです。

実体験:広告ディレクターのやりがい

自分の立てた広告企画がクライアントに認められ、実際に制作された納品物を見るのはやっぱりとてもうれしいです。

広告は街で目にすることもあるので、「あれは私が作ったんだよ」と友人や家族に自慢できます。

ほかには売り上げを上げるといったところに魅力を感じる人や、多様な業界・自分の好きな業界に携わることができるところに魅力を感じているという同僚もいました。

実体験:広告ディレクターのつらさ

納期と予算、クライアントとクリエイター(デザイナーなど)との板挟みがしんどかったです。

こだわってこだわって作り上げたものが、クライアントの要望に沿わなかったとき、窓口として一番にお叱りを受けることもあるのでつらいこともあります。たいてい原因はリサーチ不足か期日・予算不足、コミュニケーションがかみ合わなかったときに起きるので注意が必要です。

また、納品が迫ると必然的にバタバタするので、いつもより長時間労働になるのも大変です。

クライアントの要望をうまくクリエイターに伝えたり、いかに魅力的な広告物をつくってクライアントに評価してもらうかというところが広告ディレクターの腕の見せ所になります。

まとめ

人と人をうまく調整し、より良いものを制作し、利益を上げるのが広告ディレクターの仕事でした。就職、転職を考えている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました