【3か月使ってみた感想】サンコータンク式食器洗い乾燥機「ラクア」レビュー

ラクア レビュー
スポンサーリンク

こんにちは。熊手なつみ(@kumade723)と申します。

THANKOの「ラクア」というタンク式食器洗い乾燥機を使い始めて3か月がたったので、買った理由や実際に使用しての感想をご紹介します。

  • 新生活が始まって新たな環境にも慣れ、そろそろ自炊を始めてみようかなと考えている方
  • 効率のいい時間の使い方をしたい方
  • 家事にかかる労力を減らしたい方
  • 食洗器を買いたいけど迷っている方

に、この記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

工事不要のタンク式食洗器は洗浄力が抜群

スペック

価格¥32,800(楽天市場)
重量13キロ
タンク容量5リットル
収納容量17点
洗浄乾燥時間130分程度(標準モード)
人数1~3人用
サイズ幅41×高さ44×奥行41(㎝)

値段

公式サンコー通販オンラインショップでは、ラクアの定価は29,800円です。

食洗器の相場は3万円~5万円ほど。ラクアは比較的コンパクトなサイズということもあって、食洗器の価格帯としては安めの印象を受けました。

今は最短翌日にお届けとなっていますが、4月の人気シーズンには在庫がなくなることも…。在庫があれば即決するのがおすすめです。

楽天ではポイントが付く分定価より少し高めに設定されているようです。

フィルターは980円と割高ではあるものの、3か月で劣化は特にみられません。どれくらいで交換の必要があるのか、わかりましたら追記します。

電気代と水道使用量

公式HPによると、目安電気代は1日約91.8円(1kWhあたりの電気代を27円として計算、1日4時間の使用を想定)だそう。

電気代として、これくらいはOK。

水道使用量は手洗いの約10分の1に節約できるそうで、すごいですよね。

最近色味が増え、ブラックが仲間入り

家電はブラックがいい!という要望から、新色の黒色が出ました。どちらもかわいくて迷いますね。

ラクアの使い方 簡単4ステップ

ラクアの使い方は簡単。食器を入れて、洗剤を入れて、水を入れてスイッチを押すだけです。

食器を詰め込む

食器を入れたラクア

上下二段になっていて、お箸やフォークは上段に分けて入れることができます。上からの水がたまらないようにスプーンは伏せて入れるのがポイント。しまう時も簡単なので結構便利です。

下の段には食器を並べます。下から勢いよく噴射される水がよく当たるように気を付けます。

これで2人暮らしの晩御飯分の食器が入りました。小さいフライパンや鍋は余裕があるときだけ入れます。詰め込みすぎると途中で蓋が開いて、食洗器が止まるので注意。

ちなみに、28センチの大きなフライパンは食器が少ないときしか入りません。残念。

蓋のくぼみに洗剤を入れる

食洗器用洗剤を使うことが大切です。普通の液体洗剤よりも洗浄力が高く、高温を想定しているので効果が高いそうです。

タンクに給水

本体上部の蓋を開けて、付属のピッチャーで3杯分、ぴぴぴぴと鳴るまで給水します。

みなさんの口コミにもあった通り、水がはねて入れにくかったので、100均で買ったセルクル(銀色の筒です)を使っています。これで少しマシになりました。

また、食洗器の設置位置は排水の関係でどうしてもシンクの高さになるので、背の低い方は少し苦労するかもしれません。

モードを選択してスタート

あとはモードを選択してスタートを押すだけ。簡単です!

普段は通常洗浄モードで使用していますが、1人分だけの時、食器の量が少なくてもったいないなという時はスピードモードを使うこともあります。さすがの洗浄力でよく落ちます。

いままで汚れ落ちで気になったのは、水とき小麦粉が乾燥して固くなったものと、トマトソースが固まったものが落ちなかった2回だけ。すごい。以降、固くなったものはすすいでから入れるようにしています。

乾燥モードは使っていません。食後にスイッチを押せば、寝る前に洗浄が終わっているので、蓋を開けておけば翌朝にはよく乾いています。

洗浄コース使用機会洗浄・すすぎ乾燥
通常洗浄食後すぐに洗う時や通常の使用時約69分
洗浄:55℃
すすぎ:68℃
60分
スピード汚れが軽いもの、つけおきや
水洗い後のものを洗う時
約29分
洗浄:約50℃
すすぎ:約62℃
60分
エコ食後すぐ洗う時や通常洗浄より
時間を短くしたいとき
約59分
洗浄:約60℃
すすぎ:65℃
60分
強力洗浄食後から時間が経過したものや
調理器具などを洗浄するとき
約89分
洗浄:約60℃
すすぎ:約55℃
/65℃
60分
水洗い洗浄だけのモード約19℃
洗浄:常温
なし
乾燥乾燥モード乾燥 約60分
最高75℃+送風乾燥

洗浄中は中が見えるので楽しいです。

上部と下部のスプリンクラーがくるくる回ります。食器の詰め込みすぎで動いていないときは、途中で止めて食器の整理が必要です。

入れ方にコツがあって、以下に気を付けています。

  • 小さいお皿を大きな目の部分に入れない(下に落ちてスプリンクラーが止まる)
  • お箸のスペースに大きなお玉をいれない(上のスプリンクラーが止まる)
排水コード

【ちょっと便利に】

付属の吸盤では汚れが落ちやすい加工がされたキッチン壁に張り付きませんでした。排水コードの中継にダイソーのマグネット髭剃りたてがピッタリサイズ。

気になるお手入れ方法

毎回:排水周りを洗う

排水周りのパーツが3つあるので、これは毎回洗わなければいけないようです。

ほんのすこしの野菜くずがついているだけで、見た目きれいだからと3日くらい置いておいたら、匂いがきつくなってしまって困りました。

以降はめんどくさがらずに洗っています。食洗器がなく、こまごましたスプーンや汚れのこびりついた皿を洗うことに比べたら断然らくちんです。

月1回:クエン酸でにおい消し

匂いが気になったらクエン酸を買ってきておおさじ3杯いれ、スピードモードで洗浄します。

スプリンクラー部分の穴が詰まっていたら爪楊枝でほじると説明書にはありますが、幸いまだ詰まったことがありません。

事例:食洗器を買うにあたって私が重視したポイント

タンク式でいいものを探す

私が食洗器が欲しいなと思ったのは、友人宅にあって便利そうだったからです。その友人に使っている機種を聞くと、パナソニックの分岐水栓式のものということでした。

調べてみると、食洗器は大きくタンク式と分岐水栓式に分かれるそうです。

私は賃貸に入居したので、工事ができるのか不明でした。また、水栓の形を調べて自分でするのも面倒だったので、タンク式で探すことにしました。

重視するのはやっぱり洗浄力!

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店にも足を運んだのですが、分岐水栓型が主流のようで、「壊れやすいからおすすめしない」といわれることも…

タンク式食洗器で口コミを見て探すうち、小型で洗浄力が高いと評判だった「ラクア」を発見しました。

お箸をおく場所があって、便利そう

お箸を洗うスペースが別のほうが何かと便利そう。

その点ラクアは上部に分かれていてスプリンクラーがついているのできれいに洗えます。

口コミの悪い点は許容できると判断

ラクアの口コミで目立っていた悪い点と、それに関して思ったことは主に以下の通り。

  • 初期不良があった

→「初期不良があった場合は交換してもらえると思う」

  • 乾燥がいまいち

→「乾燥がいまいちなのは乾燥の後に蓋を開けておけば乾きそう」

  • 水を入れにくくてこぼれることがある

→「水の入れ方はまあ何とか工夫してみよう」

これくらいなら許容できる!と思い購入に至りました。

購入する前に注意しておいたほうがよかったこと

あれ、キッチンに置く場所ないよね?コードはどうするの?

キッチン台だ食器棚に置く場所がなかったので、シンクの後ろのスペースにスチールラックを設置してその上に置くことにしました。

少し後ろが狭いですが、ここしか置く場所がないので仕方ないと思っています。

困ったのはコンセントが近くになかったこと。延長コードとびりびりガード(漏電防止コンセント)を使用して、設置することにしました。

まとめ

3か月使ってみて、とても重宝しています。

時短になる家電、ラクアを使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました